ぼくたちわたしたち…解散します!

イメージ

皮のマリーズ

毛皮のマリーズ(けがわのマリーズ)は、2003年に結成された日本のロックバンド。男女4人によって構成される。略称として「マリーズ」が多く用いられている。2011年9月に解散を発表し、同年12月31日に解散した。

概要

バンド名の由来は寺山修司の戯曲「毛皮のマリー」から。

メンバーは志磨遼平、越川和磨、栗本ヒロコ、富士山富士夫の4人。詳細は後述のメンバーの節を参照のこと。

来歴

2003年2月2日、東京都にて結成。以降、ライブ活動を積極的に行い、音源を自主制作として不定期に発表していた。2006年9月20日、初のフルアルバム『戦争をしよう』をsputniklab傘下のDECKREC(現在はUK PROJECT)より発表。

2007年12月7日、2ndアルバム『マイ・ネーム・イズ・ロマンス』を発表。 このアルバムと同時期に収録されたミニアルバム『Faust.C.D.』を2008年5月14日にリリースした。この2作品の制作中、解散の危機に陥る。

2008年12月3日、JESUS RECORDSを設立し第一弾作品として両A面シングル「ビューティフル / 愛する or die」を発表。翌年4月8日には3rdアルバム『Gloomy』を同レーベルより発表した。また、2009年3月から2010年3月までの1年間、『タワーレコード×毛皮のマリーズ』名義によるフリーペーパー「毛タワのマレコZ」が毎月発行された(全12号)。

2010年4月21日、アルバム『毛皮のマリーズ』をコロムビアミュージックエンタテインメント(現・日本コロムビア)より発表しメジャーデビュー。

2011年9月6日、全国の民放FM局を通して志磨遼平から、ツアー「毛皮のマリーズ TOUR 2011 "Who Killed Marie?"」終了後(同年12月5日)に解散することが発表された。

2011年9月7日、同年12月31日までバンドを存続させることを公式ホームページで発表。

2011年12月25日、公式ホームページ上で行われていたカウントダウンが終了し、メンバーからの肉声メッセージ及び未発表の楽曲(タイトル不明)が発表された。

2011年12月31日、解散。同日限りで公式ホームページも消滅した。

メンバー

志磨遼平(しま りょうへい、1982年3月6日 - )

ボーカル担当。和歌山県和歌山市出身。漫画、文学に造詣が深く柴田ヨクサル、岡崎京子、太宰治のファン。解散後の2012年にドレスコーズを結成しボーカルを務める。

越川和磨(こしかわ かずま、1981年10月2日 - )

ギター担当。和歌山県和歌山市出身。愛称は西くん。結成当初はベース担当であった。黒猫チェルシーのアルバム『All de Fashion』にギターエンジニアとして参加した。DJ PRINCESS CUTは実姉。

栗本ヒロコ(くりもと ひろこ、1981年12月21日 - )

ベース担当。和歌山県和歌山市出身。愛称はヒロT。結成当初はサポートとしてキーボード等を担当していた。タワーレコードとのコラボフリーペーパー「毛タワのマレコZ」第6号の表紙で「月刊」シリーズのパロディ「月刊クリモトヒロコ」と題したセミヌードを披露した。

富士山富士夫(ふじやま ふじお、1977年8月14日 - )

ドラムス担当。長崎県諫早市出身。バンド加入当時は楽器未経験であった。人力舎に所属し、お笑いコンビを組んでいたことがある。

作品

アルバム

  1. 戦争をしよう (2006年9月20日、DKRC-0055)
  2. マイ・ネーム・イズ・ロマンス (2007年12月5日、DKRC-0059)
  3. Gloomy (2009年4月8日、JRSP-002)
  4. 毛皮のマリーズ (2010年4月21日、COCP-36083)
  5. ティン・パン・アレイ (2011年1月19日、COZP-491~2(初回盤)、COCP-36618(通常盤))
  6. THE END (2011年9月7日、COZP-591~2(初回盤)、COCP-36892(通常盤))

ミニアルバム

  1. Faust C.D. (2008年5月14日、DKRC-0060)

参加アルバム

  1. P・T・A! 〜Pistols Tribute Anthem〜 (2009年3月25日、PECA-44006)
    • 日本のミュージシャンによるセックス・ピストルズのトリビュート・アルバム。M-6「セブンティーン - Seventeen」で参加。
  2. Cupid HoneyTraps Vol.1 (2009年4月22日、AICL-2005)
    • 日本のミュージシャンによる楽曲を選集したコンピレーション・アルバム。M-2「REBEL SONG」で参加。
  3. THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM (2009年12月9日、BVCL-50 - 51)
    • THE YELLOW MONKEYのトリビュート・アルバム。M-3「SUCK OF LIFE」で参加。

シングル

  1. ビューティフル/愛する or die (2008年12月3日、JRSP-001)
  2. NO MUSIC, NO LIFE. (2010年4月7日、TWCA-12)
  3. Mary Lou (2010年10月27日、COCZ-1098(初回盤),COCA-16425(通常盤))
    • 初回盤は日本コロムビア100周年記念のコロちゃんパック仕様。

名曲!

    Copyright 2013 kegawanomaries.jp All Rights Reserved.